おすすめ投稿

カードローンに申し込んだ後利用開始して得たお金を活用する

お金を借り入れる時に有効なのが消費者金融や銀行のカードローン。個人に対して素早く融資を行ってもらえるのが大きなメリット。何度でも限度額まで再融資を受けることができるので、お金が必要になるタイミングでお金を便利に借入れることができます。
銀行の個人融資、いわゆるカードローンは、まるで自分の口座からお金を引きだすかのような気軽さでお金を受け取ることができる利便性の高さは別のローンでは感じることができないですから、借りやすくて利便性の高いローンを探している人にこそ使ってもらいたいローンです。
ですが利用するといってもカードローンの種類は豊富でその運営する業者によって組んでいる設定はまったく異なります。できるだけ優秀なローンを利用したいのは誰しも同じはず。


《カードローンに申し込んでみましょう》

利用する業者や銀行を選んだらあとは申し込むだけです。
最近の消費者金融や銀行に申し込む方法はほとんどWEBから申し込むやり方が一般的です。ホームページから申し込めば早い審査回答を受け取ることができるなどメリットが多いですし何より気軽です。
スマートフォンからホームページにアクセスして申し込みを行うことができるでしょうし、中にはスマートフォンアプリを開発している業者も珍しくなくなってきました。
申し込みが簡単で、気軽に契約までこぎつけることができるのが最近のカードローンの特徴です。
その後の借り入れはカードを用いた方法が一般的であるものの、WEB上でお金を借り入れることができる業者も増えてきました。なんと中には借り入れたお金、そしてそれにより発生した利息の支払いまでWEB上で行うことができる業者も出てきました。
ネットバンクのカードローンならより確実にWEBサービスに強い特徴があるので、ネット上でのサービスを利用したいと考えている方はぜひこのサービス面で利用する業者や銀行を選んでいきましょう。


《金利一辺倒で選ぶのは危険》

しっかりと利用するカードローンを選ぶのは大切だとは言いましたが、比較する部分としてわかりやすい金利設定だけというのは危険です。
その他サービス面や実際にお金を借り入れた人の口コミや体験談をしっかりとあらかじめ把握しておいて、ここで良い評判をたくさん集めている業者を選んで申し込むことが大切です。
どこからどれだけお金を借り入れて、それによっていくら利息が発生するのかを把握しておいて、いついつまでに返済が完結できそうなのか、返済シミュレーションを行っておくことも有効です。
色んな観点から利用するサービスを選んでおくことが大切です。


《コミュティに属するために必要なお金》

人との対人コミュニケーションにはある程度のお金が求められることがあります。
特定のコミュティに属すためにはある程度のお金を求められることが多いですから、そのためのお金が必要ならばカードローンで借り入れて、その使い道が自由な借り入れたお金を用いることができるはずです。
カードローンでお金を借り入れるメリットの一つが借り入れたお金の使い道が自由であるということ。このメリットを感じながらキャッシングを行いましょう。

おすすめ投稿

比較してカードローンを選ぼう

カードローンを選ぶ時は、貸金業者を比較しながら選ぶことが大切です。どこ貸金業者も同じだと思って選ぶのは賢い選択方法とは言えません。人それぞれに違いがあるように、貸金業者によってそれぞれ違いがあります。カードローンを選ぶ時は、必ず貸金業者を比較して選んで申し込むようにしましょう。

キャッシングを申し込む際に、希望することがあるでしょう。たとえばどうしてもお金を借りたい、しかも即日融資を希望している等の要望です。そのような場合は貸金業者をしっかり選ばなければ希望は実現しません。比較的消費者金融は、審査に緩くそして即日融資ができるところが大手には多いです。

しかし消費者金融はそのようなメリットがある反面、金利が高いというデメリットがあります。お金が必要になるまで時間があるという人であれば金利が低い貸金業者を選ぶ選択肢があります。銀行のカードローンは比較的金利が低いですので、そのような要望をかなえることができるでしょう。その反面審査が厳しいといった特徴を銀行カードローンは持っています。

そのような点から見れば決してどこも同じというわけではないことがわかるでしょう。貸金業者それぞれに特徴があります。また銀行や消費者金融にも違いがあり、代表的なのは年収3分の1以上をキャッシングできないという総量規制です。そのような観点からみると、申し込みができる人とそうではない人と振り分けられることもあります。まずは比較して違いを知って申し込むようにしましょう。

カードローンのリボルビング払いは種類がある

【カードローンの返済方法】

カードローンの返済方法としてリボルビング払いというのがあります。
さらにこの支払方法の中にも様々な種類が存在しているので、カードローン返済で一言にリボ払いと言ってもそれは各社において内容が若干異なることを覚えておきましょう。


【残高スライド】

一番良く見かけるカードローンのリボルビング払いの種類は残高スライドです。
これは自分が使っているカードローンの残高に応じて支払額が決定するという仕組みです。
残高が50万以下なら最少額が1万、100万以下なら最少額が2万というように残高の金額によって設定出来る支払う額が変わるという内容です。


【リボルビング払いの種類】

本当に説明することが出来ないほど非常に様々なリボルビング払いの種類があるので、この返済方法を利用する予定ならしっかりと申込先の会社ごとに確認するようにしましょう。
リボ払いを利用するメリットというのは大きな金額を借入しても毎月の返済額を小さく設定することができ、しかもその設定額を定額にすることが出来るという点です。
借りている金額によって返済額が毎月変動することが無いので、一度返済額を設定するとその金額で返済を続けることが出来ます。
また、返済に余裕が出てくると返済額を大きくすることも出来ます。
とても便利な返済方法であり返済能力が低くても大きな金額を借りやすいものです。
しかし、返済期間が長期化しやすいことが欠点なので、しっかりと完済予定を立てておき返済計画を持っておかなければ結果的に利息額が大きくなりやすいです。

支払に追われるなら返済計画を見直す

カードローンでたくさんお金を借りるとやはり返済はかなりきつくなってきます。
毎月、支払に追われる状況なら一度返済計画を見直すようにしましょう。


【カードローン返済】

まず、カードローン返済は毎月大きな金額を返済していくほうが早く借金を完済できますし、元金の減りが早い方が利息の負担を軽減することが出来ます。
しかし、支払に追われることから生活が危ういというなら返済額を少額に調整したいものです。
何よりも生活が苦しくなってくることは避けなければなりません。
カードローンの返済額を調整して小さな金額にすると元金の減りはかなり遅くなりますが、その分毎月の収入に余裕を持たせやすくなります。


【元金を減らす努力】

こうして収入に余裕が出来てくると、生活が落ち着いてきます。
この状況になったら再び返済額を大きくしてがんばって元金を減らす努力をしましょう。
カードローンで借り過ぎてしまった場合など、どんな返済計画を持つにしてもいつかは完済を目指すことになります。
これだけは常に頭に入れておくことが大事です。


【債務整理を検討】

どうやって返済計画を立てても返済が苦しいという人は債務整理を検討しましょう。
あまり無理をしますと、本当に生活がやばくなってきます。
債務整理をすると過払い返還など、様々な方法から返済を立て直すことが出来ます。
弁護士に相談をすれば色々な意見を聞くことが出来るので、自分の借金の状況を説明しながら好ましい解決策を探していくと良いです。
なるべく債務整理するなら早い方が良いです。

カードローンの繰り上げ返済と手数料について

【カードローンでキャッシング】

カードローンでキャッシングをしたのであれば、必ず毎月に1回返済日が訪れます。
借りる金額に変わってきますが、元金と一緒に利息を支払う必要があります。多く借りれば利息も大きくなり、キャッシング額によっては元金がなかなか減らないということもあります。
またカードローンの利息というのは、とても高いですので、なるべく元金を減らすことを検討するほうが良いでしょう。
その元金を減らすことで利用者に大きなメリットもあります。


【繰り上げ返済】

たとえば繰り上げ返済をすることで毎月支払う額が減ります。
たとえば50万円キャッシングした場合1万円、40万円であれば8000円という返済額があるとします。
ここで返済日に一気に10万円返済することができれば毎月支払う額が2000円減ることになります。
これが繰り上げ返済のメリットです。
元金が減ることで必然的に利息が減りますから、支払う額も減ります。
よって毎月なるべき指定された金額よりも多く支払うようにすると良いでしょう。
主に住宅ローンでこの繰り上げ返済が良く利用されますが、カードローンの返済でも大きなメリットがあります。
いきなり大きな金額を支払うのは無理でも、少しずつ支払うことで元金が減っていきますので、おすすめです。


【利用するときの手数料】

また利用するときの手数料もよく考えてください。
毎回返済するときに利用手数料が掛かっているとそれだけでも1年に換算すればかなりの額を損失していることになります。
なるべく手数料無料の方法で返済することを心掛けましょう。