支払に追われるなら返済計画を見直す

カードローンでたくさんお金を借りるとやはり返済はかなりきつくなってきます。
毎月、支払に追われる状況なら一度返済計画を見直すようにしましょう。


【カードローン返済】

まず、カードローン返済は毎月大きな金額を返済していくほうが早く借金を完済できますし、元金の減りが早い方が利息の負担を軽減することが出来ます。
しかし、支払に追われることから生活が危ういというなら返済額を少額に調整したいものです。
何よりも生活が苦しくなってくることは避けなければなりません。
カードローンの返済額を調整して小さな金額にすると元金の減りはかなり遅くなりますが、その分毎月の収入に余裕を持たせやすくなります。


【元金を減らす努力】

こうして収入に余裕が出来てくると、生活が落ち着いてきます。
この状況になったら再び返済額を大きくしてがんばって元金を減らす努力をしましょう。
カードローンで借り過ぎてしまった場合など、どんな返済計画を持つにしてもいつかは完済を目指すことになります。
これだけは常に頭に入れておくことが大事です。


【債務整理を検討】

どうやって返済計画を立てても返済が苦しいという人は債務整理を検討しましょう。
あまり無理をしますと、本当に生活がやばくなってきます。
債務整理をすると過払い返還など、様々な方法から返済を立て直すことが出来ます。
弁護士に相談をすれば色々な意見を聞くことが出来るので、自分の借金の状況を説明しながら好ましい解決策を探していくと良いです。
なるべく債務整理するなら早い方が良いです。

カードローンの繰り上げ返済と手数料について

【カードローンでキャッシング】

カードローンでキャッシングをしたのであれば、必ず毎月に1回返済日が訪れます。
借りる金額に変わってきますが、元金と一緒に利息を支払う必要があります。多く借りれば利息も大きくなり、キャッシング額によっては元金がなかなか減らないということもあります。
またカードローンの利息というのは、とても高いですので、なるべく元金を減らすことを検討するほうが良いでしょう。
その元金を減らすことで利用者に大きなメリットもあります。


【繰り上げ返済】

たとえば繰り上げ返済をすることで毎月支払う額が減ります。
たとえば50万円キャッシングした場合1万円、40万円であれば8000円という返済額があるとします。
ここで返済日に一気に10万円返済することができれば毎月支払う額が2000円減ることになります。
これが繰り上げ返済のメリットです。
元金が減ることで必然的に利息が減りますから、支払う額も減ります。
よって毎月なるべき指定された金額よりも多く支払うようにすると良いでしょう。
主に住宅ローンでこの繰り上げ返済が良く利用されますが、カードローンの返済でも大きなメリットがあります。
いきなり大きな金額を支払うのは無理でも、少しずつ支払うことで元金が減っていきますので、おすすめです。


【利用するときの手数料】

また利用するときの手数料もよく考えてください。
毎回返済するときに利用手数料が掛かっているとそれだけでも1年に換算すればかなりの額を損失していることになります。
なるべく手数料無料の方法で返済することを心掛けましょう。

カードローンは女性専用の窓口がある

カードローンは女性専用の窓口があります。
これは少し意外な話に思えるものですが、男性は利用することが出来ません。


【レディースローン】

商品の名前としてレディースローンという商品を聞いたことがある人は多いと思いますが、これが女性専用の窓口です。
普通のカードローンは性別が問われることはなく、男女共に申し込みをすることができ利用することができます。
しかし、一般的には女性の中には金融会社に対するイメージの悪さからカードローンを利用したくてもなかなか申し込むことが出来ない人がいます。
そうしたお客さんの事を配慮して、カードローンに関する相談から利用まで、対応するスタッフがすべて女の人になっているのがレディースローンです。


【接客業では女性が活躍】

人とはとても不思議なものであり、男と女では生き物として持っている魅力や雰囲気が違います。
接客業では女性が活躍することが多いですが、それがまさに代表例です。特有のやさしさや和みというのがあるので接客では大活躍します。
また、同じ同性に接客してもらうことは一つの安心につながることも多く、色々と相談をしやすいものです。
相手が異性の男性になると、聞きたいこともなかなか聞けないことがありますがそんな人はレディースローンを活用してみると良いです。
女の人だけが利用できるカードローンは上記のようなメリットがあるだけで、金利などカードローン内容については目立ったメリットは何もないので、この点だけは勘違いしないようにしましょう。

年収を気にせず借り入れできるカードローン

銀行や消費者金融業者が行っているカードローンのサービスを使って借り入れをしようと考えているときには、注意しなければならないポイントがあります。
カードローンを使用するときに注意するべきものは、法律で規定されている総量規制が適用されるかどうかということがあります。
貸金業法には総量規制というものがあって、年収の3分の1以上の金額について融資を行ってはないけないことになっています。
この総量規制の適用は貸金業法に基づいて設定されていますので、貸金業法によって営業を行っている消費者金融業者から融資を受けるときに適用されます。
カードローンを使って借り入れが可能な限度額については、それぞれの金融業者に申し込みをしたときに受ける審査の結果によっても設定されますが、その他にも法律による規定に


【年収の3分の1が利用限度額】

よって年収の3分の1が利用限度額になるということです。
消費者金融業者のカードローンの申し込みをするときには、年収の金額によって借り入れ可能な限度額に個人差があるということになります。
ただし、総量規制の適用は貸金業法に基づいた融資サービスに限られますので、銀行法に基づいて行われいる銀行系のカードローンの場合には適用の対象外です。
年収のことを気にすることなく借り入れを行いたい人の場合には、銀行系のカードローンに申し込みをすることがおすすめと言えます。
三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行が行っているサービスは、総量規制の適用を受けないサービスとなりますが、レイクも新生銀行グループのカードローンとなりますので総量規制の適用を受けません。

カードローンの借金は保証人も返済義務がある

カードローンの借金とは保証人にも返済義務があります。
そのため、安易に人のカードローンの保証人になることは避けたいところです。
しかし、基本的に多くの金融会社でカードローン情報を見ると分かりますが、原則は無担保無保証になっているので申し込むときはかなり大きな問題がない限りは保証人が必要ありません。
自分の名義だけで簡単に申し込むことが出来ます。


【保証人になると】

そのため、保証人になると借金の返済義務があるとはいえ、その状況になる人はかなり稀であるという事です。
どんな状況だと必要と判断されるのかと言うと、これは返済能力が微妙であり、他人の力を借りなければ融資が難しい状況です。


【年収が極端に低い状況】

年収が極端に低い状況や他社で借金を作ってしまっている状況などが良い例です。
こうした状況の人だと自分名義では簡単にカードローンを持つことが出来ない場合があります。
しかし、このような状況においても基本的には審査を受けると、どんな状況なら融資可能かを判断される前に審査で不合格にされるケースの方が圧倒的に多いので、これも覚えておきたいものです。
一番良くあるのが未成年者がカードローンを持つ場合です。
この場合は親が返済を担うのであれば融資可能と判断している金融会社が多いです。
もし、これからカードローンを申し込むなら原則無担保無保証な商品であることをしっかりと知っておきましょう。
必要書類さえ用意して申込条件をクリア出来るなら簡単に申し込むことが出来ます。