ジャパンネット銀行カードローンの特徴を知ろう

【日本初のネット専業銀行】

ジャパンネット銀行は日本で最初にできたインターネット専業銀行です。
セキュリティ対策に力を入れており、「トークン」という小型の機械を使用して取引するところに大きな特徴があります。


【トークンとは】

トークンとはワンタイムパスワードを発行する機械で、口座開設時にキャッシュカードと一緒に郵送されてきます。
一度表示されたパスワードは1分間しか表示されない上に使い捨てとなるので、たとえ第三者に盗み見られてしまっても、悪用されることはほぼありません。
また、他にも各種限度額の設定やキャッシュカードのロックなど豊富なセキュリティ機能があり、外出先でもインターネットから設定することができます。
こうしたセキュリティ対策により、ジャパンネット銀行では2006年以来、不正利用0件を実現しています。


【安心のネット銀行】

安心して利用できるネット銀行だと言うことができるでしょう。
更にジャパンネット銀行ではFXや投資信託といった金融商品や公営競技、オークションなどネットを活かしたサービスとも提携しています。
特に、オークションやポイントサイトなどで貯まったポイントを現金化する時に利用する方も多く、現金は提携ATMから引き出すことができます。
ATMの入出金手数料は毎月最初の1回(入金と出金1回ずつ)は金額にかかわらず無料、2回目以降は3万円以上の入出金なら回数無制限で無料となる特徴があります。
尚、毎月2回目以降で3万円未満の入出金の場合、提携ATMによって手数料が異なります。
なのでジャパンネット銀行カードローンはおすすめできます。