カードローンの借金は保証人も返済義務がある

カードローンの借金とは保証人にも返済義務があります。
そのため、安易に人のカードローンの保証人になることは避けたいところです。
しかし、基本的に多くの金融会社でカードローン情報を見ると分かりますが、原則は無担保無保証になっているので申し込むときはかなり大きな問題がない限りは保証人が必要ありません。
自分の名義だけで簡単に申し込むことが出来ます。


【保証人になると】

そのため、保証人になると借金の返済義務があるとはいえ、その状況になる人はかなり稀であるという事です。
どんな状況だと必要と判断されるのかと言うと、これは返済能力が微妙であり、他人の力を借りなければ融資が難しい状況です。


【年収が極端に低い状況】

年収が極端に低い状況や他社で借金を作ってしまっている状況などが良い例です。
こうした状況の人だと自分名義では簡単にカードローンを持つことが出来ない場合があります。
しかし、このような状況においても基本的には審査を受けると、どんな状況なら融資可能かを判断される前に審査で不合格にされるケースの方が圧倒的に多いので、これも覚えておきたいものです。
一番良くあるのが未成年者がカードローンを持つ場合です。
この場合は親が返済を担うのであれば融資可能と判断している金融会社が多いです。
もし、これからカードローンを申し込むなら原則無担保無保証な商品であることをしっかりと知っておきましょう。
必要書類さえ用意して申込条件をクリア出来るなら簡単に申し込むことが出来ます。