カードローンを契約するメリットとデメリット

銀行でも消費者金融でも気軽にお金を借りられるアイテムとして、今やとても身近になったカードローンですが、やはりこれにもメリットとデメリットが存在します。


【カードローンのメリット】

メリットについてはわかりやすいものですが、契約さえしておけば、いつでも必要な時に必要な額を引き出せるという便利さです。
使わなければ特に何も不都合はありませんし、いざという時に便利という考えで持っている方も多いようです。
金利も一昔前に比べて10%近く下がっていますし、業者側も借りてもらうために様々なカードローン促進キャンペーンを行っていますから、利用者側にとっては借りやすくなっています。


【カードローンのデメリット】

次にデメリットですが、これは遅れずに返済していれば特に何の問題もないでしょう。
必要な分だけ借りて、真面目に返済するという健全な借り方であれば、カードローンを利用しているということを誰かに知られることもまずありません。
勿論返済が遅れると信用情報に事故歴として登録されるので、ブラックリスト扱いになってしまいます。
これはカードローンに関わらず、住宅ローンでもマイカーローンでも、返済が遅れればブラックリストです。
返済をきちんと行っている場合に何かデメリットがあるかといえば、完済していない間は住宅ローンなどの審査に通りにくいということですね。
住宅ローンはかなり高額なローンとなりますので、給料だけでやりくりできてないと看做されると、やはり審査には通らないことが多いです。
ですから、これからマイホームを考えている場合は、カードの使用を控えておいた方が無難といえるでしょう。”