ダイレクトワンの特徴は銀行系消費者金融である

【銀行のカードローンとは違う】

ダイレクトワンのカードローンの特徴は借り換えローンや女性向け、ペットオーナー向けなどの商品が数多く取り揃えられているところです。
しかしダイレクトワンは銀行系消費者金融のカードローンで、銀行のカードローンとは違います。
銀行系消費者金融とは銀行のグル―プ会社や子会社などの消費者金融のことを言います。
銀行本体が貸し付けを行うのが銀行ローンで、銀行系ローンの貸付は消費者金融ということになります。
銀行と銀行系の違いは銀行には銀行法が、銀行系には貸金業法が適用されることです。
また一番の違いは総量規制があり、これは貸金業者のみ適用になります。
銀行系は銀行のグループ会社や子会社なので、総量規制の対象になるという点です。
銀行のカードローンは規制の対象外とならないのです。


【ダイレクトワンのカードローンの特徴】

そのためダイレクトワンのカードローンの特徴は、銀行のカードローンとは違い、金利が4,9~20.0パーセントとなっており、低金利で借入することが出来ません。
また20~69歳までの安定した収入を持つ人が対象となっています。
しかし他の消費者金融と同じように、ネットで24時間申し込みが行えるし、パソコンやスマートがあれば(審査に通れば)必要書類を送ることが出来ます。
また公式ホームページではお試し診断もできるので、審査に不安があるのなら利用してください。
ダイレクトワンの借入や返済は店頭窓口(手数料無料)の他に、提携ATMやコンビニで返済できますが、その場合には所定の手数料がかかります。
しかし銀行口座を開設していると、すべて無料で行えます。