カードローンは女性専用の窓口がある

カードローンは女性専用の窓口があります。
これは少し意外な話に思えるものですが、男性は利用することが出来ません。


【レディースローン】

商品の名前としてレディースローンという商品を聞いたことがある人は多いと思いますが、これが女性専用の窓口です。
普通のカードローンは性別が問われることはなく、男女共に申し込みをすることができ利用することができます。
しかし、一般的には女性の中には金融会社に対するイメージの悪さからカードローンを利用したくてもなかなか申し込むことが出来ない人がいます。
そうしたお客さんの事を配慮して、カードローンに関する相談から利用まで、対応するスタッフがすべて女の人になっているのがレディースローンです。


【接客業では女性が活躍】

人とはとても不思議なものであり、男と女では生き物として持っている魅力や雰囲気が違います。
接客業では女性が活躍することが多いですが、それがまさに代表例です。特有のやさしさや和みというのがあるので接客では大活躍します。
また、同じ同性に接客してもらうことは一つの安心につながることも多く、色々と相談をしやすいものです。
相手が異性の男性になると、聞きたいこともなかなか聞けないことがありますがそんな人はレディースローンを活用してみると良いです。
女の人だけが利用できるカードローンは上記のようなメリットがあるだけで、金利などカードローン内容については目立ったメリットは何もないので、この点だけは勘違いしないようにしましょう。

年収を気にせず借り入れできるカードローン

銀行や消費者金融業者が行っているカードローンのサービスを使って借り入れをしようと考えているときには、注意しなければならないポイントがあります。
カードローンを使用するときに注意するべきものは、法律で規定されている総量規制が適用されるかどうかということがあります。
貸金業法には総量規制というものがあって、年収の3分の1以上の金額について融資を行ってはないけないことになっています。
この総量規制の適用は貸金業法に基づいて設定されていますので、貸金業法によって営業を行っている消費者金融業者から融資を受けるときに適用されます。
カードローンを使って借り入れが可能な限度額については、それぞれの金融業者に申し込みをしたときに受ける審査の結果によっても設定されますが、その他にも法律による規定に


【年収の3分の1が利用限度額】

よって年収の3分の1が利用限度額になるということです。
消費者金融業者のカードローンの申し込みをするときには、年収の金額によって借り入れ可能な限度額に個人差があるということになります。
ただし、総量規制の適用は貸金業法に基づいた融資サービスに限られますので、銀行法に基づいて行われいる銀行系のカードローンの場合には適用の対象外です。
年収のことを気にすることなく借り入れを行いたい人の場合には、銀行系のカードローンに申し込みをすることがおすすめと言えます。
三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行が行っているサービスは、総量規制の適用を受けないサービスとなりますが、レイクも新生銀行グループのカードローンとなりますので総量規制の適用を受けません。

カードローンの借金は保証人も返済義務がある

カードローンの借金とは保証人にも返済義務があります。
そのため、安易に人のカードローンの保証人になることは避けたいところです。
しかし、基本的に多くの金融会社でカードローン情報を見ると分かりますが、原則は無担保無保証になっているので申し込むときはかなり大きな問題がない限りは保証人が必要ありません。
自分の名義だけで簡単に申し込むことが出来ます。


【保証人になると】

そのため、保証人になると借金の返済義務があるとはいえ、その状況になる人はかなり稀であるという事です。
どんな状況だと必要と判断されるのかと言うと、これは返済能力が微妙であり、他人の力を借りなければ融資が難しい状況です。


【年収が極端に低い状況】

年収が極端に低い状況や他社で借金を作ってしまっている状況などが良い例です。
こうした状況の人だと自分名義では簡単にカードローンを持つことが出来ない場合があります。
しかし、このような状況においても基本的には審査を受けると、どんな状況なら融資可能かを判断される前に審査で不合格にされるケースの方が圧倒的に多いので、これも覚えておきたいものです。
一番良くあるのが未成年者がカードローンを持つ場合です。
この場合は親が返済を担うのであれば融資可能と判断している金融会社が多いです。
もし、これからカードローンを申し込むなら原則無担保無保証な商品であることをしっかりと知っておきましょう。
必要書類さえ用意して申込条件をクリア出来るなら簡単に申し込むことが出来ます。

裁判所から督促状が届いた場合は

カードローンは非常に便利なツールですが、その手軽さゆえに借り過ぎてしまうことも多く、月々の支払いができなくなる人も少なくありません。
返済が滞ってし待った顧客に対しては、消費者金融や銀行などの金融機関は自ら支払いの督促をおこなうことになりますが、それでも返済の見通しが立たない場合には、裁判所に申し立て、支払督促の手続きをとることもあります。


【督促状は最後通告】

裁判所から届く督促状は、いわば最後通告のようなものです。
これを無視して放置しておくと、カードローンによる借金を取り立てるために強制執行の措置が可能な状態になってしまうのです。
強制執行がなされると財産はもちろん、給料の一部までが差し押さえ対象になり、周囲にも借金問題を抱えていることが知られてしまいます。
そこで裁判所から督促状が届いた場合の対処法ですが、まず内容に異論がある場合は異議申し立ての手続きを行いましょう。
この異議に関しては、特に定めがあるわけではないので、分割で支払う意思があるといったことでも異議申し立てを行うことができます。


【通常訴訟へと移行】

異議申し立てがなされれば、通常訴訟へと移行しますので、場合によっては支払督促が取り下げられたり、訴訟の中で話し合いにより和解に持ち込める可能性もあります。
いずれにせよ支払督促が申し立てられた場合は、弁護士などの専門家に相談することが大切です。
債務整理などカードローンによる借金問題を解決する方法がありますので、まずは迷うことなく専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。

カードローンは使い方にコツがある

カードローンは自分の好きなように使えば良いですが、大きな失敗をしないために上手な使い方を知っておくと良いです。


【カードローンの選び方のコツ】

コツとしてはまずカードローンをしっかりと選ぶことが大事です。
色々な金融会社でカードローンを発見することが出来ますが、それぞれの会社ではどのような内容になっているのかが違います。
特に数ある違いの中でも金利はしっかりと見ておきましょう。
これは返済に大きな関係があり、利息によって返済苦になることもあれば、たとえ借り過ぎてしまった場合でも低金利に救われることもあります。


【下限金利より上限金利】

金利は低い方が良いものです。金利を見るときは上限金利を見ておきます。
上限さえ低い金利になっているならそれ以下の採用利率も低い水準となっているので、安心してお金を借りることが出来ます。
カードローンの上手な使い方のコツとして借り過ぎないことも大事です。
浪費が結構激しい人の場合、カードローンを持ってしまうとすぐにお金を借りてしまうことがあります。
特にこれは低所得者になるほど借り過ぎる傾向があり、返済苦になりやすいので注意をしておきましょう。
全ての人が浪費で借り過ぎてしまうというわけでもなく、生活を維持するために借入すること人も多いです。
しかし、極力カードローンは借り過ぎないようにしましょう。
その方が結果的にはお金が貯まることを知っておかなければなりません。
あくまでも本当に困った時に利用するというスタンスの方がうまく使うことが出来ます。