カードローンを契約するメリットとデメリット

銀行でも消費者金融でも気軽にお金を借りられるアイテムとして、今やとても身近になったカードローンですが、やはりこれにもメリットとデメリットが存在します。


【カードローンのメリット】

メリットについてはわかりやすいものですが、契約さえしておけば、いつでも必要な時に必要な額を引き出せるという便利さです。
使わなければ特に何も不都合はありませんし、いざという時に便利という考えで持っている方も多いようです。
金利も一昔前に比べて10%近く下がっていますし、業者側も借りてもらうために様々なカードローン促進キャンペーンを行っていますから、利用者側にとっては借りやすくなっています。


【カードローンのデメリット】

次にデメリットですが、これは遅れずに返済していれば特に何の問題もないでしょう。
必要な分だけ借りて、真面目に返済するという健全な借り方であれば、カードローンを利用しているということを誰かに知られることもまずありません。
勿論返済が遅れると信用情報に事故歴として登録されるので、ブラックリスト扱いになってしまいます。
これはカードローンに関わらず、住宅ローンでもマイカーローンでも、返済が遅れればブラックリストです。
返済をきちんと行っている場合に何かデメリットがあるかといえば、完済していない間は住宅ローンなどの審査に通りにくいということですね。
住宅ローンはかなり高額なローンとなりますので、給料だけでやりくりできてないと看做されると、やはり審査には通らないことが多いです。
ですから、これからマイホームを考えている場合は、カードの使用を控えておいた方が無難といえるでしょう。”

楽天銀行のカードローンの体験談とメリット

カードローンは、審査に通過すれば決められた限度額の範囲内であれば何度でも好きな時にお金を借りる事が出来るメリットがあります。
しかし、カードローンが一昔前より手軽に利用出来るようになったとはいえ初めて利用する際には不安があります。
そんな時に、実際にカードローンを利用した人の体験談で高い評価を得ている楽天銀行のカードローンなら安心です。
楽天銀行のローンの体験談では、楽天銀行が誰でも知るネットショッピングを運営する楽天のグループの銀行で信頼出来る点を挙げています。


【信頼出来るという事が一番大きな魅力】

お金を借りるうえで信頼出来るという事が、一番大きな魅力です。
また、低金利である事や利便性の高さは大きな魅力です。
お金を借りたら、当たり前の事ですが返済しなければいけません。
その時に、金利が安ければ返済する利子の金額も安くすみますから負担が減ります。


【利便性の高さ】

利便性の高さも体験談の中で多くの人が評価しています。
申し込みも、インターネットから必要事項を入力するだけで出来ますので、いつでも何処からでもインターネットの状況が整っていれば申込が出来ます。
収入証明なども、限度額が200万円までは不要ですから、面倒な書類の準備の必要がありません。
200万円までなら、本人確認のみで借入が出来るの借りる側にとっては大きな魅力です。
借入や返済も提携先のコンビニのATMを利用出来ますので、コンビニは全国どこでもありますから自分の好きな時に借入や返済が出来ます。

サイトマップ

Powered by Prime Strategy Co.,LTD.

横浜銀行カードローンの体験談でわかる魅力とは

カードローンを比較する際に参考になるのが体験談です。
実際に利用してみないとわからないことは多いと思いますが、体験談はそのようなわからない点が明らかになるので、非常に参考になります。


【体験談】

横浜銀行のカードローンについての体験談では、金利の低さが際立ってているという意見が多く聞かれます。
銀行系のカードローンの魅力の一つは、金利が低く抑えられていることですが、横浜銀行の場合、3.5%~14.6%と他の銀行と比べても低く抑えられているのが特徴です。
お金を借りる場合に、金利は非常に重要なポイントです。
一昔前の消費者金融などでは20%以上の金利だったので、返済が本当に大変でしたが、今はかなり負担が減りました。
時間をかけずにすぐに返済することができれば、ほとんど金利は気にならない程度ですみます。


【横浜銀行のカードローン】

また、横浜銀行のカードローンを利用する際に、300万円以内の利用であれば、収入証明書が不用というのも好評でした。
収入証明書を提出するのに抵抗がある人は少なくないはずです。
銀行としてはリスクがあるわけですが、信用で貸してくれるということですね。
300万円以上になると収入証明書が必要になるわけですが、融資限度額は800万円ですので、銀行系のローンの中でも高額に入ります。
大きな資金が必要な場合は頼りになりますね。
申し込みはパソコンから簡単にでき、審査に通れば即日融資も可能です。
銀行系の審査が時間がかかると思われがちですが、横浜銀行に限ってはこれは当てはまりませんね。

〈おすすめサイト〉
三井住友銀行のカードローンを徹底研究・・・横浜銀行よりもハイスペックな三井住友銀行のカードローン!ただ、審査は通りづらいかもしれません

ダイレクトワンの特徴は銀行系消費者金融である

【銀行のカードローンとは違う】

ダイレクトワンのカードローンの特徴は借り換えローンや女性向け、ペットオーナー向けなどの商品が数多く取り揃えられているところです。
しかしダイレクトワンは銀行系消費者金融のカードローンで、銀行のカードローンとは違います。
銀行系消費者金融とは銀行のグル―プ会社や子会社などの消費者金融のことを言います。
銀行本体が貸し付けを行うのが銀行ローンで、銀行系ローンの貸付は消費者金融ということになります。
銀行と銀行系の違いは銀行には銀行法が、銀行系には貸金業法が適用されることです。
また一番の違いは総量規制があり、これは貸金業者のみ適用になります。
銀行系は銀行のグループ会社や子会社なので、総量規制の対象になるという点です。
銀行のカードローンは規制の対象外とならないのです。


【ダイレクトワンのカードローンの特徴】

そのためダイレクトワンのカードローンの特徴は、銀行のカードローンとは違い、金利が4,9~20.0パーセントとなっており、低金利で借入することが出来ません。
また20~69歳までの安定した収入を持つ人が対象となっています。
しかし他の消費者金融と同じように、ネットで24時間申し込みが行えるし、パソコンやスマートがあれば(審査に通れば)必要書類を送ることが出来ます。
また公式ホームページではお試し診断もできるので、審査に不安があるのなら利用してください。
ダイレクトワンの借入や返済は店頭窓口(手数料無料)の他に、提携ATMやコンビニで返済できますが、その場合には所定の手数料がかかります。
しかし銀行口座を開設していると、すべて無料で行えます。